時折問題になっている敷金の使われ方

時折問題になっている敷金の使われ方


時折問題になっている敷金の使われ方
"退去時の敷引きの取り扱いにつきましては、比較的トラブルになりやすい傾向があることから、国土交通省から「ガイドライン」が決められています。
原状回復としてどこまでが敷金の対象範囲なのかを一度確認しておくと良いかもしれませんね。

礼金というのは大家さんに部屋を貸してもらうための「お礼の意味」として渡すお金となっているので、解約後も返金はされません。
最近では礼金をゼロ円設定にしている物件も多く、中には敷金もゼロのゼロゼロ物件も目立ってきています。

敷金というのは家賃の保証になるたことから、大家さんもしくは管理会社に一時的に預けておく保証金です。
最終的には戻ってくるお金であり、家賃の滞納分に使用されたり、部屋の修復費に使用されます。"




時折問題になっている敷金の使われ方ブログ:26-6-20

幼かった娘が大好きだったもの、
それはわたくしの「耳たぶ」。

甘えたい時、眠い時、不安な時…
いつだって娘はわたくしの耳たぶを求めた。

小さく温かい指で触れられると、
とてもくすぐったかった。
それでも、何だかほんのり心地良くって、
ついついわたくしの方が先に眠りこんでしまうこともしばしばあった。

ある夜のこと。
いつも娘の右側で寝ていたわたくしは、
たまたま左側で眠っていた。

娘が動く気配で目が覚めると、
娘が右側にいる夫の方に転がっていくのが目に入った。

そして夫の耳たぶを触り始めたのである。
あれ?と思った瞬間、娘の手がとまり、
目がはっと見開かれるのが分かった。

右、左、ときょろきょろ頭を動かすと、
あわててわたくしの方に寄ってきて、
耳たぶを触り始めたのである。

娘は、わたくしと夫をまちがえたのだ。
でも耳たぶの感触ですぐに気づいたのだろう。
安心しきった娘の寝顔を見ながら、思わずふきだしてしまった。

娘に耳たぶをゆだねている時は、
なぜか母乳をあげていた時と同じ気持ちになれた。

求められる嬉しさ、お母さんとしての喜び、
無垢な優しさがじんわりと胸に広がっていく…

けれど、娘はわたくしの耳たぶを卒業してしまった。

遠慮がちに触っているなぁと感じるようになったある夜、
触りやすくしてあげようと頭の向きを変えた時、
娘の指がふと離れた。

そしてそれ以来、
娘の指がわたくしの耳たぶに触れることはなくなってしまった。

「耳たぶなんて覚えてないよ」と八才になった娘は笑う。

それでも、わたくしは決して忘れないだろう。
あの頃耳たぶに感じていた小さなぬくもりを…
ささやかな幸せの一時を…

時折問題になっている敷金の使われ方

時折問題になっている敷金の使われ方

★メニュー

管理物件が豊富に取り揃えている不動産屋
悪質な賃貸物件についての広告に注意
賃貸への引越しには家賃の半年分は準備しておこう
一番大切なのは支払える家賃設定
世の中の動きによって賃料に変化がある
時折問題になっている敷金の使われ方
自分の求めている賃貸物件と出会うために
引越しが決まったら2週間前に不動産屋へ
掲載するのに物理的限界のある賃貸情報誌
最初にインターネットで探して問い合わせ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)駅チカ賃貸物件で便利生活始めよう