"賃貸物件へは引越しや近隣住民への挨拶、さらに不動産会社を介した場合におきましては仲介手数料などが必要となります。
おおまかな計算となりますが、賃貸の契約をするには対象となる物件の賃料半年分程度が必要となります。

 

賃貸物件を探している際に最も気になってしまうことと言えばやはり家賃となります。
無理なく生活をしていくことの出来る家賃というのは、月収の1/3以下とも言われており、経済的に無理な家賃設定をしてしまうと支払いが困難になってしまうのでご注意ください。

 

もしあなたの月収24万円であったとしたら家賃は8万円まで、と予めしっかりと決めておきましょう。
ただし家賃以外にも管理費や駐車料金などといったその他費用も必要なケースがあるので、家賃設定には十分にお気をつけ下さい。"



賃貸への引越しには家賃の半年分は準備しておこうブログ:12-6-20

減量の時に食事の回数を減らすといけない理由を
皆さんは知っていますか?

それは、脂肪が肉体に定着しやすくなるからなんですね。

腹が空くのは当たり前のことですが、
イライラするほど腹が空きすぎた状態というのは、
肉体に必要なエネルギーが足りておらず、危機感を感じている証拠。

この状態の時にごはんを食べると、
肉体は同じようなことになるのを避けるために、
できるだけ多くのエネルギーを蓄えようとします。
このエネルギーというのが脂肪です。
 
せっかくごはんの量や回数を減らして、
摂取カロリーを減らしているつもりなのに、
吸収される脂肪や栄養素が増えてしまうのは
あまり効率がよくないですよね。

これらのマイナス面をクリアするためには
「腹が空いた状態を作らない」ことが大事なんです!

そのためには、
「食事の回数を増やす」のが有効!

ここで大切なのは、
摂取カロリーは3食の時と同じくらいにすることです。
同じように4食食べれば、
単に摂取カロリーが増えただけとなってしまいます。
 
食べ物を消化するには
だいたい三時間〜四時間かかるので、
その間隔で少量ずつ摂るとよいでしょう。

また、1回の食事量を減らさなければならないからといっても、
ごはんや麺類などの主食を減らすのはあまりよくありません。
これらを減らすとリバウンドの可能性が高くなるので注意しましょう。

三時間〜四時間おきに
規則正しく食事を摂るのはなかなか難しいかもしれませんが、
その場合は、おやつを軽い食事に変えるなどして、
食事の回数が増えるよう工夫してみてください。
 
こうして、効率よく脂肪燃焼できる肉体になって、
減量を成功させましょう!