"賃貸物件へは引越しや近隣住民への挨拶、さらに不動産会社を介した場合におきましては仲介手数料などが必要となります。
おおまかな計算となりますが、賃貸の契約をするには対象となる物件の賃料半年分程度が必要となります。

 

賃貸物件を探している際に最も気になってしまうことと言えばやはり家賃となります。
無理なく生活をしていくことの出来る家賃というのは、月収の1/3以下とも言われており、経済的に無理な家賃設定をしてしまうと支払いが困難になってしまうのでご注意ください。

 

もしあなたの月収24万円であったとしたら家賃は8万円まで、と予めしっかりと決めておきましょう。
ただし家賃以外にも管理費や駐車料金などといったその他費用も必要なケースがあるので、家賃設定には十分にお気をつけ下さい。"



賃貸への引越しには家賃の半年分は準備しておこうブログ:20-1-21

こんちわ^^

正しい減量は、
「痩せやすいからだをつくる」ことです。

そして
痩せやすいからだをつくるのに必要なのが
「基礎代謝」です。

つまり、
基礎代謝を制することが、
減量成功の大きなポイントとなるわけです。

基礎代謝は
からだを動かしていなくても、
体温を保ったり、呼吸をしたりするなど。
就寝中でも消費されるエネルギー代謝のことです。

要するに、
自分の意思とは関係なく
普通に生活しているだけで、
勝手に消費されていくエネルギー量のことなのです。

基礎代謝を上げれば、
一日の消費エネルギー量を増やすことができ、
普通に生活していても、
より多くのエネルギーを消費させることができるので
効果的にからだに溜まった脂肪を燃焼させることができます。

どのようにすれば基礎代謝が上がるのかというと…

基礎代謝は「筋肉量」と密接な関係を持っています。
筋肉量が多ければ基礎代謝も高くなるのです。
大食いなのに痩せている人は
見た目は細くても筋肉量が多く、
脂肪燃焼効率が高いので、太らないと考えられるのです。

基礎代謝は、
筋肉量を増やすことで高くなっていくので、
運動などで筋肉を使い、筋肉量を増やすことで、
代謝量がアップしていくんですね。

なので、
基礎代謝を上げるためには、
運動で筋肉を鍛えることが必要となるのです。

運動で筋肉を鍛えると言っても、
筋肉を大きくするような筋力トレーニングではなく、
筋肉を使うと考えてもらった方が良いですね。

ですから、
ジョギングなど簡単な運動でも、
いままで眠っていた筋肉が目覚め、
機能しはじめるので代謝は向上しますよ!

簡単な運動を習慣にして、
無理なく痩せやすいからだを目指しましょう!

おしまい!!!