"賃貸物件へは引越しや近隣住民への挨拶、さらに不動産会社を介した場合におきましては仲介手数料などが必要となります。
おおまかな計算となりますが、賃貸の契約をするには対象となる物件の賃料半年分程度が必要となります。

 

賃貸物件を探している際に最も気になってしまうことと言えばやはり家賃となります。
無理なく生活をしていくことの出来る家賃というのは、月収の1/3以下とも言われており、経済的に無理な家賃設定をしてしまうと支払いが困難になってしまうのでご注意ください。

 

もしあなたの月収24万円であったとしたら家賃は8万円まで、と予めしっかりと決めておきましょう。
ただし家賃以外にも管理費や駐車料金などといったその他費用も必要なケースがあるので、家賃設定には十分にお気をつけ下さい。"



賃貸への引越しには家賃の半年分は準備しておこうブログ:18-9-20

減量中は、
規則正しく食事をするということが、基本中の基本です。

特に7時食をしっかりと食べるということが、大切です。

7時食を抜いてしまうと、
むしろ減量には逆効果につながってしまう恐れがありますので、
注意しましょう!

それは、ミーたちの血糖に大きく関係をしています。

食事を食べない状態が続くと、
ミーたちの体質は低血糖が続く状態になります。

7時食を食べないということは、
睡眠時間もプラスすると、
半日はざらに食べない状態が続くことも十分に考えられますよね。

すると、ミーたちの体質は
血糖を正常な値に戻そうという努力をします。

その一環として、
コルチゾールというホルモンを分泌するのです。

コルチゾールというホルモンは、
筋肉を分解することによって、糖質を作り出す働きがあります。
この糖質を活用することで、血糖をリカバーしようとするわけです。

筋肉というのは、
減量する上で欠かすことはできません。
筋肉が消費カロリーの大部分を占めているからです。

コルチゾールによって筋肉が分解されるということは、
筋肉の量が減少してしまうことを意味します。

ということは、再び代謝の力がダウンをし、
せっかく減量をして増やしてきた筋肉を
元にもどしてしまうわけです。

だから、減量にとって
7時食は大切なんです!!

もし7時一で食事をすることが難しいという人は、
午前中、仕事が一段楽したときにでも、
すぐに食べられるものを用意しておきましょう。

午前中に食事をすれば、
コルチゾールの分泌量を少なくすることができるからです。