"広告雑誌で最も注意をしておかなければいけないこととしましては、発売されるまで約2週間程度のブランクがあるということです。
その為問い合わせをしたとしても、すでに決まってしまっているケースが多くつまり情報が古いということになります。

 

広告雑誌におきましては誌面が限られているということで、どうしても偏ってしまっている情報が掲載されます。
つまり良い部分だけを掲載していることになりますので、店舗へ足を運んでもらうための餌とも言えるのです。

 

賃貸住宅情報誌に掲載されているものを基準として考え、家賃相場を予測してはいけません。
あまりにも相場の違いにガッカリ、なんてことになるのでお気をつけ下さい。"



掲載するのに物理的限界のある賃貸情報誌ブログ:26-7-20

おはようございます

昨日ね、子どもが子犬を拾ってきてしまったんです。

もともと動物は嫌いじゃないから良いけど、太郎にも
相談をして飼うことに。

本当に子どもには甘いんだから・・・。

でも、結局あさからの散歩はあたしの役目に
なりそう。

休みはあさから、きちんと散歩に行く約束はしているけど。

ゼニカルかダイエットコーヒー・・・

どちらかはやめようかなって思っているところ。

犬のえさ代やら何やら色々とお金はかかるし、どこを削るかって
いえば、ここになってくるのよね。

曇りかどうかで散歩行かない日もあるけど、そんな日は
肩こり体操を少し多めにするとして、運動を多めに頑張って
みようかな。

エアロビクスも・・・どうしようかな。


さっそく動物病院でお金がかかったし、なにかと揃えてお金を遣い、
子どものお小遣いで!って言いたかったけど、そんなに持って
いないのも、よくわかっているので言えないところ。

お金がかかるのよっていうのはわかってほしいけどね。

ドライブに行ったりも回数減るよ!って言ったけど、
子どもはそれよりも可愛い子犬にぞっこんですからねー。


マッタリしようと思っても、キャンキャン鳴かれて、
こちらはお疲れ気味ですよ。。。

7日は友達が見に来る!って言ってたし、みんな
責任もって飼ってくださいよーって感じです。

冬休み中は、ぜったいあさから世話をしなさいって
言ってあるけど、どうなるやら。